可愛い愛犬に栄養のある手作りご飯を|ワンダフルフードの作り方

ペットのお骨の祀り方

骨壺

納骨やグッズ加工なども

長年我が家で飼っていた猫が老衰で亡くなった時のことです。この時はペット火葬車を依頼しました。自宅近くの空き地で火葬を行いましたが、心配していた煙もニオイもありません。周りに迷惑をかけることもないのです。車にはペット火葬車だとわかるようなロゴも入ってないので近所の人に気づかれる心配もありません。滞りなく火葬が終わり小さな骨壷に入れたお骨が手渡されました。ペット供養をする場合は霊園や納骨堂、合同慰霊碑などに埋葬する方法があります。また自宅の庭に埋葬する人もいます。中には家族のお墓に埋葬する人もいるのだとか。埋葬方法は後で考えることにして、しばらくは自宅でペット供養をすることにしました。ペット火葬業者はペット供養の仏具なども取り扱っています。カタログを見ると可愛いデザインのものばかりです。業者が提携している寺院に戒名をもらい位牌を購入することもできます。とりあえず猫のイラストが入った仏具を買いそろえ仏壇をこしらえました。花を飾り線香を立て写真を飾り、しばらくの間自宅でペット供養をしました。その後合同慰霊碑に埋葬しました。お骨をお墓などに納める際は分骨して砂時計などのグッズに加工する人も増えているのだとか。またペットの遺骨からダイヤモンドをつくることも可能だそうです。これを指輪やネックレスなどに加工して身につけることができます。インターネットで調べるとペット供養のサービスは人間と同様に多岐に渡っています。